No.4

サリーを纏った女性は街中でもかなり目立ちます。
しかし、数から言えば本当に少ない。
ホテルで女性のスタッフを見たのは、今思い出してみると数える程です。
タージ・パレス・ホテルは、首都ニューデリーのインド最先端の環境にあるホテルだったのでしょう。
ツアー企画をしていたと思われる女性は大変優秀な女性だったようです。<態度がいやに偉そうでしたもの。
彼女以外には、インフォメーションとレストランに其々1名ずつ見かけました。朝食の時(その3人の中の1人)黄色いサリーを纏った女性が居たのですが、彼女の写真を撮り忘れてしまいました。
いつでも写真は撮れると思っていたのに・・・
その後、こういう場所で女性の姿を目にすることがなかった事を考えれば、一緒に撮っておけば良かったと後悔しきり。。
私が今回泊まったホテルやレストランのウェイターは全て男性でした。

専用バスに乗って、いよいよデリーの観光へ出発。
何と、あのおんぼろバスで観光するらしい。ちょっとグズグズしていてバスに乗るのが遅れてしまったので、席は後ろから2番目しか空いていませんでした。
バスはクーラーがあまり効かず、扇風機が必需品なんだと実感!朝なのに全く暑い!<扇風機の写真は分かり難い?

ホテルから東に向かって6キロくらいに位置するインド門へ向かう。
途中、円形の国会議事堂(上の写真)中央官庁のある広々とした美しい光景が広がる。
更に少し木々がこんもり茂る一角を抜けると、急に戦闘機が見えました。平和なのんびりした光景の中に突然現れたモニュメント。
ちょっと驚きましたが、更にその先には迷彩服を着た空軍の軍人二人が描かれたドデカイ看板。君達に栄光を!なんて書かれていたのでしょうか?うっかり文字は見落としてしまいました。

首都デリーはニューデリーとオールドデリーに分かれていて、ここら辺りは新しい町ニューデリー。大型のバス等が通れるのは全てニューデリで、オールドデリーにはリキシャ等の小さい乗り物しか入る事ができないのだそうです。<歴史ある古い街は道路も狭い。

オンボロバスをブツクサ文句を言っていたら、車窓に見えた現地の人が乗るバス。わお。。。文句は言えないか・・

back 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10