材料 (4人分)
1)味噌 80グラム(適量)
2)ゴマ・ピーナッツ        それぞれ2分の1カップ
3)アジ干物(何でも良い) 1匹
4)出し汁
   鰹節・昆布でとったもの
1.5リットル
5)豆腐 1丁
6)胡瓜 中3本
7)薬味
   青紫蘇
   葱
   生姜
   ミョウガ
   焼き海苔
お好みで
8)御飯
   麦飯か玄米だと更に良い 
適量
お豆腐が多い時は御飯少な目
すり鉢で炒ったゴマとピーナッツを入れてスリコギで擂る(ス)る。
丁寧に擂るのも良いし、粗いのもまたグッドです。

面倒な人はミキサーでが〜っとやるのも良いですし、あらかじめ擂ってあるすりゴマやピーナッツの擂ったもの・芝麻醤(チーマージャン)やピーナッツバター(甘くないもの)でやっても簡単です。
アジの干物を焼きます。
2匹入れても良いのですが、その時は味噌を少なめにしてください。
今回は香ばしさを出すためにガスの火でそのまま焼いてみました。

トビウオとか手に入るお魚でも良いと思います。
鯛なんて最高でしょうね〜
焼いて少し冷めたアジの骨を外して、身だけをすり鉢に入れます。骨はできるだけ取った方が良い。

ミキサーでやる時は、あまり気にしなくて良いと思います。
これに、味噌を入れます。
私の場合は赤味噌と白味噌を半々に入れていますが、家にあるもので十分です。

味噌の分量は一応80グラムと書きましたが、普段にお味噌汁を作る時の味噌の量より、干物の塩気を考えて少なめにすると良いようです。
味噌を入れてよく混ぜたら、アルミホイルに包んで直火で焼きます。
グリルで焼いてもOKです。
10分程度焼くと味噌が熱々になります。
中火よりも強い火で焼いても、不思議と焦げ付きません。
多分ゴマやピーナッツの油分のせいでアルミホイルにくっつず、焦げ付きもしないのでしょう。
ご家庭のレンジの火力にもよりますね。
焼いた味噌を冷ましておいて、食べる直前にすり鉢にその味噌を入れ、作っておいた出し汁で溶きのばしていきます。
味見をしながら、あまり濃くならないように、加減をします。
最後に豆腐(新鮮なもの)1丁を手で割り入れます。

この段階でミョウガや青紫蘇、胡瓜、生姜、葱、などお好みの薬味を入れてしまっても大丈夫です。

お茶碗に熱々の御飯をよそい、冷汁をたっぷりかけます。
食べる時に、それぞれのお好みで薬味を入れても良いと思います。

焼き海苔だけは、細かくちぎるか切っておいて、食べる直前に椀に入れたほうが良いですね〜♪
back